暮らしのブログ

今より、ちょっといい自分。

子どもとレジャーへ(4月~8月まとめ)

 
今年度、掲げた目標の1つ。
「月に1回、子どもとレジャーに行く」
計画通りにすすんでいます。
 
で、最近、子どもが
「ママと、山登り行ったね」
「コンサート、楽しかったね」
と、思い出を話してくれるのです。
 
保育園からの帰り道
「ママと、星、見にいったよね。
 ほら、お空に、星あるよ」
と、指さしてみたり
 
ひとつひとつの体験から
何を感じたのかは、わからないし
知らなくていいけれど
 
子どもの中に何かが残っていて
時々、思い出していることが
親としては、うれしくて
 
「連れていってよかったなあ」
と思うのです。

 

f:id:kotorinai:20180904230556j:plain

 

4月は、高尾山。

 

5月は、プラネタリウムと美術館。

 

6月は、子ども向けのコンサートへ。
弦楽四重奏だったのですが

 
奏者が舞台から降りて
子どもたちの横で演奏したり
 
赤ちゃんが
舞台の上をハイハイしていたり
 
キッズが
奏者の椅子に座ったていたり(!)
 
それはもう、はちゃめちゃで
たいへん愉快な演奏会でした。

 

f:id:kotorinai:20180904230550j:plain

 
7月は、英会話の夏期講習へ。
(レジャーじゃないかも...笑)
 
はじめの15分くらいは
わたしに抱きついて泣き止まず
「無理か...」と思っていたら
 
スキンヘッドの先生がもくもくと
頭の上に「お手玉」を積んでいく。
 
その様子を見て笑いはじめ
場に馴染むことができました。
 
さすが、先生。
子ども心をわかっていらっしゃる。
 
そうそう、
実家へちょくちょく遊びに行くように
なったのも、新しい体験でした。
 

f:id:kotorinai:20180904230553j:plain

 
8月は、映画館デビュー!
 
ありがたいことに、
アンパンマンの映画のチケットを
いただいたのです。
 
「それいけ!アンパンマン
 かがやけ!クルンといのちの星」
 
自分の使命を知っている
というのは、とてもシアワセなこと。
 
知らなくても、わからなくても
考え続けていれば、いつの日か
 
自分が生まれた意味だとか
使命に気がつくときがくるかもしれない。
 
という内容で、子どもは
真面目な顔をして集中していました。
 
3歳にもなれば、60分間おとなしく
座っていられるものなのかと
わたしは、その成長に、びっくり。
 
また、毎年恒例になりつつありますが
ブルーベリー狩りへも行ってきました。
 
で、9月。
 
行き先は、選んであるのに迷う...
 
日程は決まっているので
ギリギリまで迷おう♪
 
こういう悩みなら
いくらあっても楽しいものですね😊