暮らしのブログ

心と体を整え、ごきげんに生きる方法

子育て中の勉強時間のつくりかた。

f:id:kotorinai:20180529004758j:plain

 

おでかけの途中、足もとに虹が出現。

 

なんだか、いいことありそう!

そう思っていたら、本当にありました、

いいことが!

 

昨年、受けた試験。

忘れた頃にやってきた、合格通知。

 

うれしい気持ちが、胸にじわじわと

広がっていく。

 

1日の大半を仕事に費やし、

残りの時間は、子育てと家事。

 

となると、どう工夫したって、

充分な勉強時間は、確保できません。

 

そこで、取り組んだのが、

暮らしの時間割りを見直すこと。

 

見直して行動。行動を振り返って評価し、

また見直しをする。

試行錯誤の末、確保できた隙間時間は、

1日30分。

 

30分は、あっという間に過ぎるから、

ノートをまとめきれないまま終了、

テキストの内容を理解できないまま終了、

調べものを調べきれずに終了、

してしまう。

 

「今日はたくさん勉強したなぁ」

「だんだん、わかってきたよ」

 

という手ごたえ、

目標に近づいているという実感、

それらが得られないまま、時間だけが

過ぎていく(ように感じられる)から、

 

先の見通しがつかなくて、

不安になることもありますが、

心がけたのは、自分を信じること。

毎日30分を、積み重ねていくこと。

 

他にも、

 

・短時間集中。だらだらと続けない。

・ポイントをおさえる。

・テキストは過去問だけ。

・暗記した方がいい内容は、

    いつでも目につくところに貼る。

・プロセスの障害となるものはとりのぞく。

・周りに助けてもらうことを良しとする。

・勉強できない日があることを許す。

・勉強より大事なのは、

    よく食べ、よく寝ること。

・第1優先にするのは、子ども。

・試験に落ちても死なない、恥ずかしくない。

 

を肝に銘じ、(我ながら)よく続けました。 

 

一昨年から取り組んでいる、この試験。

他者評価を得たいだとか、

承認欲求を満たしたいだとか、

そういうものとは違います。

 

自分の力とし、自分を助けるため。

暮らしを維持していくため。

新しい自分に出会うため。

大切にしたい人を守るため。

 

だから、切実。

 

仕事をがんばり、勉強にはげむ。

規則正しく、生活を整える。

栄養バランスがいい食事をつくる。

適度に息抜きをする。

自分を律し、自分の力で生きる。

 

暮らしが充実してくると、忙しい。

忙しいから、勉強時間は1日30分だけ。

 

1日たった30分の積み重ねが、

1ヶ月トータルで15時間となり、

1年間では180時間にもなる。

 

1日のうち少しの時間しか確保できない

環境にあっても、

日々コツコツと続けることは力になる。

 

そう実感しているので、

今年はさらに難しい試験に挑戦します。

 

2年連続で、良い結果を出せたから、

今年も、できる気がする。

 

毎日コツコツと続けていけば、ね!