読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セキセイ姉さんのこと

 

https://www.instagram.com/p/6uNDFpjqAt/

 

昨年の暮れ。
引っ越しを目前に控えた、ある日。
 
セキセイ姉さんは、旅立っていきました。
突然の別れでした。
 
セキセイインコの中高年にあたる
セキセイ姉さんは、
体の負担となっていた発情を抑えるため、
食事の減量に取り組んでいました。
 
金曜日に(セキセイ姉さんの)病院に行き、
あともう一息!
次週で(通院は)終わりにしましょう。
ということで、安心して帰宅。
 
土日はベビーといっしょに過ごし、
そして月曜日の午前中。
 
急に元気がなくなったので、
あわてて病院に電話をかけるものの、
 
私の手のひらの中で、
私のことを見つめたまま、
すーっと眠るように、動かなくなりました。
 
f:id:kotorinai:20151010221103j:plain
 
換羽が終わった直後でした。
ふわふわな羽の、きれいな体で、
セキセイ姉さんは、
どこに行ってしまったのだろう。
 
みんなで一緒に引っ越ししようね。
それまでに換羽を終わらせようね。
がんばろうね。
そう、毎日、声をかけていたのに。
 

f:id:kotorinai:20150626174549j:plain

 
いつかご報告をしなければいけない。
そう思いながら、
書くたびに涙があふれ、今に至ります。
 
振り返ってみると、
亡くなる前の数週間、
不思議な時間を過ごしていました。
 
私の肩から離れようとせず、
いつも私の頬に寄り添っていたのです。
 

f:id:kotorinai:20151002212009j:plain

 
ベビーが羽に鼻を近づけても、
じっとしていて、疑問に思っていました。
 
ツンデレのセキセイ姉さん。
飛び回る元気があるのに、どうして?
 
ひょっとすると、
もう会えなくなることが、
この時すでに、わかっていたのかなと
思えてなりません。

 

f:id:kotorinai:20150915205310j:plain

 
私が書いていることは、
生きものと生活をともにし、
愛情をかけて育てた経験がない人には
理解しがたいものだと思います。
 
また、一般的には、
なかなか理解されないであろうことを
承知で書くと、
 
インコは、犬猫と同じくらい、
いや、それ以上に、
人とコミュニケーションをとることができる、
賢い生き物だと思います。
 
飼い主のことを思いやる、
インコのその優しさに
何度、助けれられたことか。
 

f:id:kotorinai:20150801212052j:plain

 
世界中の人から愛され、
私の宝物だったセキセイ姉さん。
 
5歳でした。

 

https://www.instagram.com/p/uxltpVDqIU/

 

ピッコこと、
セキセイ姉さんをかわいがってくださった、
みなさま。
 
ありがとうございました。
 

https://www.instagram.com/p/5CK3IpDqFk/

 

 

「読んだよー」のしるしに、
ポチッとしてもらえると、うれしいです!

 にほんブログ村 鳥ブログ インコへ

 

インコの写真集、発売中です!

小さなともだち インコ時々ベビー、たまにワンコ

小さなともだち インコ時々ベビー、たまにワンコ