入園グッズあれこれ、ありがとうございました


f:id:kotorinai:20160401012316j:plain


「あった方がいいよ、
 卒園まで使えるもの」
と、いただいた、
長靴とレインコート。
 
保育園の持ち物リストには
書いてなかったので、
盲点でした。
 
たしかに、
歩けるようになったら必要かも。
歩けるようになったら、
と思うと、事故が心配。
だから、こういう目立つ色が
うれしいです。

 

f:id:kotorinai:20160401012315j:plain

こちらは、
入園のお祝いにと、いただいたもの。
なんて、ラブリー♡
 

f:id:kotorinai:20160401012310j:plain

歩けるようになったら、
ポシェットぶらさげて、お散歩しよう。
 

f:id:kotorinai:20160401012314j:plain

 
作ってもらった
レッスンバックと、シューズ入れ。
緑とピンクという組み合わせが、
たまらなく、かわいい!
 
通う保育園が大きいところで、
通路にずらーっと
バックがたくさん並んでいるのですが、
 
これは、ひときわ目立つ!
「わたしのバックが見つからない・・・
 うわぁーん(泣)」
という事態を避けることができそう。
 
手芸や裁縫の楽しさを知っている人って
心が豊かなんだろうなと思います。
私が知らない世界で楽しさを見つけている
だなんて、なんて魅力的なんだろう。
 
話がちょっとそれますが、
知り合いに、刺繍を極めている人がいて、
彼女の話す刺繍への熱い想いは、
私にはまるで理解できなくて、
それがまた面白くもあるのですが、
彼女はとても楽しそうなのです。
 
昨年、個展に招待されて
その展示がすごくて、
その情熱に触れて私も
いつか手芸を!と、その時は
思ったような気もするのですが、
 
なんでもソツなくこなせる完璧な人
なんていないだろうし、
得手不得手もあるから
やっぱり無理はしないでおこう
腱鞘炎もまだ治っていないし。
 
というわけで今回、
インコのつながりで、
プロの方に作ってもらうことを
選びました。

 

f:id:kotorinai:20160401012313j:plain

 
リバーシブルなので、
気分や場面で使い分けができそう。
キルティングの生地は
丈夫で長持ちするそうです。
ミシンがないと作れないというのが
素人には厳しいところ。
 
自分さえ頑張ればなんとかなるとか、
自分がぜんぶ我慢すればいいんだとか、
休むことも忘れて何でも抱え込む。
 
そういうのは、やめることにしたので、
心が向かないことに、
無理して取り組む気には、なれない。
 
だから、苦手なことは、
プロや得意な人に
助けてもらおうと思います。
甘えすぎない程度に。
 
だって、私みたいな素人じゃ、
こんなに丁寧に
しっかりと作れないもの!

 

f:id:kotorinai:20160401012312j:plain

 
制作してくださったのは、
コザクラインコの飼い主 fumiさん。
 
ホームページは、こちらです!

 

f:id:kotorinai:20160401012311j:plain

 
他にも、タオルや洋服など
いろいろ、いただきました。
ありがとうございました!
 
入園式を迎え、
ほんとーに、ほんとーに、
保活は終わったんだ!!!
ということを実感し、
脱力してます。
口から魂が抜けていきそうな感じ。
 
9キロになる人を抱え
あちこち歩きまわった、約4か月間。
周りに助けてもらいながら
なんとか乗り切れた。

だから、次もたぶん大丈夫。
 
と、その前に、脱力。
 
ふぅーーー
 
 

インコの写真集、発売中です!

小さなともだち インコ時々ベビー、たまにワンコ

小さなともだち インコ時々ベビー、たまにワンコ